離婚問題(夫婦問題)に関するご相談

 離婚問題は、問題が生じるまでの期間、どのような夫婦関係を築いてきたのか、また、子供の有無や当事者の収入状況などにより、離婚時に問題となりそうな事由は異なってきます。

また、あらゆる問題の中でも、最も当事者の感情が大きく影響するのが離婚問題の特徴です。中には、「絶対に別れたいんです!」と、意気込んで来所したご相談者が、しばらく経つと離婚することをためらったり・・・というような事もあり得ます。

また、離婚問題はどうしても複雑な問題になりがちですので、解決までに数ヶ月〜1年以上の時間を要します。そのため、ご依頼者が精神的に辛い状況になってしまうことが多く、中には途中で諦めてしまう方もおられます。そこで、当事務所では、じっくりと話をお伺いする時間を用意し、時には精神的なケアも行いながら、最善の方法を探り、ご依頼者と共に解決に向けて進んでいくという方針をとっています。

離婚問題を解決されたご依頼者の声(ご依頼者の承諾を得て掲載しています)

洲本市在住 30代 女性 子供3名(未成年)より頂戴したお手紙です。

 ご来所当時、離婚の合意は出来ていたものの、養育費、慰謝料、財産分与など、金銭的な問題は一切もらえないどころか、負債だけを背負わされたまま離婚を強いられているという状態でしたが、結果として、負債をゼロにし、養育費、慰謝料等含め、金銭的な問題のすべてを解決することが出来ました。

 ◆洲本市在住 30代 女性 子供2名(未成年)より頂戴したお手紙です。

 夫の不倫により離婚に発展したご夫婦の問題です。当初、夫は不貞行為を認めず、離婚にも難色を示していましたが、一方で、不倫発覚後も不倫相手の女性との関係を終わらせることなく、あやふやな態度を取っていたため、まずは、不貞行為の事実を調査し、不倫相手を特定させる証拠収集を行ったうえで、夫並びに不倫相手の女性双方に対して不貞行為を認めさせました。また、夫側からは慰謝料に関する合意書を取り付け、不倫相手の女性に対しては、収集した証拠を使用して、慰謝料請求訴訟を提起できる状態にしました。

※ここに掲載したお手紙の内容のうち、依頼者の氏名部分については特定できないよう削除しております。

離婚の方法について

現在、ページ作成中です。 

▲このページのトップに戻る