syakkin01.jpg

債務整理(法的借金整理)について

 「債務整理」という言葉をきいて、具体的に何をするの??と思われる方は多いと思います。
 債務整理とは、「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」という4つの借金整理方法の総称をいいます。 ご自身の借金の状況に合わせてこれらの手続きをうまく進めていけば、ほとんどの借金問題は片付いてしまうのです。
 

 債務整理のそれぞれの手続きには特徴があり、ご自身の借金額や財産状況、収入・生活状況などによって最適な方法を選択する必要があります。
 
  しかし、以下のような理由により、ほとんどの方はどの手続きを選択すべきか悩んでしまいます。

1 手続きが複雑でよくわかならい
2 自分の借金の状況が把握できていない
3 借金は整理したいが、ブラックリストに掲載されたり、仕事を失ったりしないか不安
 
 そこで、「特定調停」を除く3つの債務整理手続の選択基準ををご紹介しますので、ご自身の現在の借金額等を調べたうえで、どの債務整理方法を選択すべきかを考えてみてください。
※なお、当事務所にご依頼を頂いた場合、あなたの借金の状況を詳しく調べたうえで、最適な整理方法を選択していきますのでご安心ください。

 任意整理が向いている方とは

 個人民事再生が向いている方とは

 自己破産が向いている方とは

▲このページのトップに戻る