不動産登記とは

 不動産登記とは何か?ということを説明する前に、基本的なことをまず説明したいと思います。


 本来契約というのは当事者の「売りましょう」「買いましょう」という意思表示の合致があれば成立します。つまり、契約書などの書面すら不要であるというのが法律上の建前です。

 

 しかし現実社会では、不動産を売買すれば契約書を作るし、所有権が移転したという事の登記も行っています。
 これはなぜかというと、登記をしないと自分がその不動産の所有者という事を他人(第三者)に主張することができないからです。

 

【具体例】
 02068.jpg
 AがBに対してある建物を売りました。契約書もちゃんと取り交わしています。
 しかしBとしては契約書があるからという事で安心して、A→Bへ所有権が移転した旨の登記を法務局に申請することをしていませんでした。

 

 ところが実はAは悪い人で、登記記録上は自分がまだ所有権者なのをいいことに、CをだましてCに対しても再度この建物を売りました(法律上、二重譲渡といいます)そしてBよりも先にCに所有権移転の登記を行ったとします。

 

 Aのこの行為は横領という犯罪なのですが、BとCから代金を二重取りして満足を得たAは通常姿をくらましてしまうでしょう。

 さて、残されたB、C間では、事実上Aに代金の返還請求をする事ができなくなった以上、どちらが甲建物の真の所有者であるかにつきもめることになります。不動産は価値の高いものなので、裁判になることもあるでしょう。この場合、B、Cのどちらが勝つのでしょうか?

 一見契約を先に交わしたBの方が優先するようにも思えます。しかし所有権自体は契約だけで取得できるものの、二重に契約がおこなわれたような特殊事例において、民法は契約の前後ではなく、登記を先に備えたものを優先しています。

 結局答えとしては契約では後手にまわったにも関わらず、先に登記を備えたCの方が勝ち、最終的な所有権者として確定することになります。

 結局BはAから代金も帰ってこない、不動産も取得できないという事で多大な損害をこうむります。不動産は高額のために上記のAのような詐欺をする人が後を絶ちません。そこで自分の財産を守るためにも不動産を買ったときはしっかり登記をするようにしないといけません。

▲このページのトップに戻る